スポンサーリンク
SNSschool
スポンサーリンク

【実際の体験談】素人がAmazon電子書籍で売れっこ作家になる方法

セミリタイア仕事

皆様こんにちは。

脱サラこうりゃくぼんの管理人です。

今回は最近流行りのAmazon(kindle)電子書籍の出版に関しての記事になっております。

驚くほど簡単に出版できちゃいます

実は私、この記事を執筆する2か月ほど前にAmazon電子書籍を初出版したんです(‘ω’)

正直さっぱりやり方とかもわからなかったのですが、昔から漠然と「本を出したい…!」という願望だけはあったのです(笑)

とはいえなんの知名度もない素人が本を出したところで売れるはずもないし、そもそも自費出版にはかなりのお金がかかる事を知り諦めていたのです。

しかし数か月前に知人がAmazon電子書籍を出版して稼いでいるという話を聞き、いてもたってもいられずにやり方を聞いてみたのです。

そしたらAmazon電子書籍でなら本を出すのが死ぬほど簡単でした(笑)

変な話PCさえあればだれでも簡単に電子書籍の制作&販売ができてしまうんです。

やり方はすでにたくさんのブロガーさんが書いているのであえて私は書きませんが、ほんとにアカウント登録してkindle本制作用の専用ソフトをインストールして、本の詳細情報を書くくらいで販売までいけちゃいます(笑)

販売一ヵ月でびっくりするほど売れちゃいました…

実は筆者は絵を描くのが大好きで、暇なときにけっこうイラストを描き溜めていたのですが、せっかくなのでと、そのイラストたちを電子書籍の練習がてらイラスト集にして販売してみる事にしたのです。

驚くほど簡単に販売までいけちゃうので、一ヵ月で2冊のイラスト集と、一冊の簡単な漫画を出版してみました。

所有するSNSのアカウントでちょろっと宣伝して1ヵ月くらい様子を見ていたのですが、な、なんと10冊以上売れちゃいました…。

しかも★5レビューも4件ほど頂いてしまいました…(´;ω;`)ウッ…

ブログ記事が読まれる事もすごくうれしい事なのですが、それ以上に自分が描いた電子書籍が売れるってめちゃめちゃ嬉しい事なんですね…(´;ω;`)

しかもブログ記事と違って実際にお金を払って読んでくれているんですから、熱量が違いますからね…(´;ω;`)ウウウ…ウリィ

恥ずかしいので当ブログでは作品の公開はしませんが、当記事執筆時点でもちょこちょこ売れていて、練習がてら作った試作品的な作品がこんなに簡単に売れるとは思いませんでした…。

Amazon電子書籍…、けっこう本気でやったらこれヤバイ副業になっちゃう予感です…。

Amazon電子書籍やるなら絶対オススメなのがこれ!


↑Amazon電子書籍を始めたい人におすすめなのがこの2つ!

筆者が練習で出版した3冊はアナログ方式で紙に描いた絵をスキャナーで取り込んで…なんて原始人みたいなやり方で電子書籍化しましたが、今制作している4冊目からは完全デジタルで制作していこうと考えています(#^^#)

そこでグラフィックツールとペンタブ&タブレットが必須になってくるので、今紹介させてもらったCLIP STUDIO PAINTさんとXP-PEN公式ストアさんにお世話になっています(#^^#)

この2つさえあれば作業効率も作画クオリティも爆上がりなので、もしかしたら私、数年後にはAmazon電子書籍だけでゴハン食べていけるんじゃないでしょうか?(笑)

ってのはさすがに夢のまた夢かもしれませんが、事実練習がてら描いた3冊が割と売れているので、ちゃんとしたグラフィックツールとガジェットで描けばもう少し売れてくれるんじゃないかなと踏んでいます。

↑本格的なペンタブを買うのはちょっと勇気が…、という方は、Amazonさんでお試しでリーズナブルなものを試してみるのも有ですよ(#^^#)

いやしかし凄い時代になりましたね…。

私のようなド素人が作った本がちゃんと売れるんですからびっくりですよ…。

イラストのオンライン講座は受講すべき!

↑リーズナブルな価格で簡単にイラストや画力の向上を目指せるオンライン講座などの受講は絶対におすすめです。

実は筆者も自身の画力向上のためにプロからレクチャーを受けています。

多少費用はかかっても初期投資と考えれば安いもんですし、それで自身の電子書籍を購入してくれた方が満足してくれれば最高ですしね!

Vtuberも視野に入ってくる

↑イラストを描く環境を整えて、画力向上のためのオンライン講座も受け始めてみると、正直人間なので欲が出てくるのである…(笑)

電子書籍だけのためにこの技術を使用するのはもったいないと、現在筆者は超人気live 2DにてVtuberを目指そうかとすら考えているのである(笑)

ただ正直言ってぜんぜん夢物語ではなくて、ペンタブと絵を描く能力さえあれば、LIVE2D使えばそんなに現実味のない話ではないのだ。

やっぱりね…、絵は描けた方が良いですね…。

改めて絵を練習し始めてわかりましたが、絵が描けると人生変わりますね…。

スポンサーリンク


SNSschool
SNSschool
SNSschool
セミリタイア仕事セミリタイア収入
【脱サラ】を目指す人の【こうりゃくぼん】

コメント

タイトルとURLをコピーしました