スポンサーリンク

ガチゲーマー必見!SNSで話題沸騰中!gamingpc激安LEDゲーミングパソコンランキング

スポンサーリンク

【2024版】Googleアドセンスだけで生活はできるのか?|ブログ歴5年が答えます

Googleアドセンス関連
スポンサーリンク

皆様こんにちは。脱サラこうりゃくぼんの管理人です。

今回はGoogleアドセンス関連の収益情報についての記事になっております。

ブロガーさん必見ですよ(*`・ω・)ゞ

スポンサーリンク

この記事を監修してる人=アドセンス5年目

当記事を執筆している筆者は、2019年のあたりからGoogleアドセンスでのブログ収益化を始めて、現在5年ほどスキマ時間でブログ執筆に取り組んでおります。

運営ブログは7サイトほどあり、そのうちアドセンスにより収益化しているブログは5本になります。

筆者
筆者

本業の忙しさによりだいぶ割ける時間が変わるため、

5年のうち本気で取り組んだのは1年~2年ほどになります。

Googleアドセンスだけで生活はできるのか?

ブログを始めたばかりの人や、これから本格的にブログのアドセンスで稼いでいきたいと考えている人が気になるのが、【Googleアドセンスの収益だけで生活はできるのか?】というところかと思います。

結論から言いますと、できます。

実際にGoogleアドセンスだけで月100万円ほどの収益を上げている方もいるようですよ。

筆者
筆者

ではどれくらいのアクセス数があればアドセンスだけで生活できるのでしょうか?

どれくらいのPVがあれば生活できるのか

そもそも月いくらあれば生活できるのかの定義が人それぞれ違うので、今回は【20万円】と仮定します。

筆者の長年のブログ運営の感覚や、独自に調査した結果、Googleアドセンスで月20万円稼ぐとすると、だいたい100万PVほどは必要だと思われます。

様々な要因に影響されるので断定はできませんが、およそGoogleアドセンスだけで生活しようと思ったら、月間100万PVアクセスが目安になると思います。

ブログ歴5年の筆者の場合

筆者の場合、直近1ヵ月のブログのPVは6万ほどでした。

筆者
筆者

5年ブログやってて月間6万PVとか、

もうブログのセンスないのが丸わかりですね…(´;ω;`)ウゥゥ

お恥ずかしい…。

残念ながら月間6万PVほどですと、正直言ってお小遣い程度にしかなりません…(笑)

でもやはり100万PVあれば生活できるだろうなあ…というような金額感ですね。

Googleアドセンスで稼ぐコツ

さて、5年ほどブログを運営してきて、いくつかGoogleアドセンスで稼ぐコツ的な物を見つけたので、是非これからGoogleアドセンス収益化で稼いでいきたいというブロガーの方は参考にしてみてください。

筆者
筆者

あくまでも筆者の個人的なコツなので悪しからず。

複数ブログを持つ

複数のブログを持つことで様々なジャンルのユーザーを自身のブログに呼び込めるので、全体的なアクセス数の向上に繋がります。

筆者はゲーム、フィットネス、アート、子育て、脱サラ、のブログを運営していて、メインはゲームとフィットネスです。

正直言って一人で運営していると、メインブログ以外がだいぶおざなりになってしまうという危険性もありますが…。

Googleアドセンスメインのブログを作る

これは重要だと思います。

ブログを運営しているとどうしてもGoogleアドセンス以外のASPなどにも興味が湧いてくると思うのですが、アドセンスで稼いでいきたいならば、Googleアドセンスメインのブログを持つべきです。

筆者の場合はGoogleアドセンスメインのブログをメインブログにして、その他のブログでASPメイン+アドセンスで補助、のようにして運営をしております。

諦めずに記事を書こう!

これこそがまさに最も重要な事だと思うのですが、やはりブログを始めて数か月は、想像以上にアクセス数が伸びず、収益化なんて夢のまた夢という方がほとんどだと思います。

筆者もそうでしたが、あきらめずに時間を見つけては一生懸命記事を書きました。

一生懸命書いた記事は1年後、2年後、極論言えば評価されてしまえば半永久的に読まれる事になるので、いつかかならず芽が出ます。

なので全然アクセス数が伸びなくても、1年、2年と記事を頑張って書き続ける事こそが、収益化までの最短距離なのです。

Googleアドセンスには夢がある!

というわけで今回は久しぶりにGoogleアドセンス関連の記事を書いてみました。

正直言って筆者自体がさほど稼げているわけではないので、説得力に欠ける可能性は否めませんが、ぜひ皆様も夢のブログ生活を目指して頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました