スポンサーリンク
SNSschool
スポンサーリンク

2023/1更新《エックスボックス》XBOX信者による【絶対やるべきタイトル】

30年ゲーマーのXBOX日記

皆様こんにちは。

脱サラこうりゃくぼんです(*´・ω・`)

今回はXbox歴20年近くになるわたくしが、絶対にプレイすべきタイトルをつらつらと紹介していくだけの記事になっております。

VAMPIRE SURVIVORS/ヴァンパイアサバイバー

レトロゲームを彷彿させるグラフィックと、シンプルながら奥が深いゲームシステムが、オッサンゲーマーの心をがっちり掴んで離さない超優秀タイトル。

SFC時代のあの感動が、きっと甦る。

OVERCOOKED!/オーバークック

マルチプレイが熱すぎる素晴らしい作品。

可愛いグラフィックとは裏腹に、意外とやり応えのある骨太作品。

是非友達とワイワイプレイしてほしい。

JUST DIE ALREADY

老人ホームから抜け出して死にまくるバカゲー。

だが意外とやり込み要素は多く、難易度の高い場面もある。

ゴートシミュレーターや鹿のゲームが好きだった人にはきっと楽しめる作品。

ごく普通の鹿のゲーム

いわずもがな。

どうせクソゲーだと思ってプレイすると火傷する良作。

続編期待。

scorn

ひのきのぼうよりも使えない謎のピストンマシンメインの戦闘システムはかなりストレスが溜まるし、異様に難易度の高いパズルもなかなかにうざったいが、

その圧倒的なまでの世界観やマップの作り込みには、尋常ならざる情熱を感じる。

賛否両論わかれる作品である事は間違いないし、ある人とっては生涯忘れる事の出来ない神ゲーに感じるかもしれないし、人によっては歴史に残るクソゲーかもしれないが、どっちに転んでも心に残る作品には違いない。

私的にはベルセルクの暗黒世界を視認化したらこうなるんじゃないかと感じた(笑)

DISC ROOM

これこそが究極の死にゲーに違いない。

これほどの良作はなかなかない。

一度ハマったら抜け出せない。ディスク沼。

ROAD 96

心がポッと暖まるような、冒険心をくすぐられ旅に出掛けたくなるような、少年時代のドキドキとワクワクと、そして不安を思い出させてくれる良作。

BGMも素晴らしいし、システムもストーリーも登場人物も面白く魅力的だった。

GOROGOA

一風変わった斬新なパズルアドベンチャー。

抽象的なストーリーや、奇妙な世界観は好き嫌いがわかれそうだが、とても印象に残る作品だった。

STARDEW VALLEY

これを越える農場シミュレーションゲームは、今後でるのだろうか。

作物の育成収穫、ダンジョン探索、釣り、街人との交流、家具の編集、様々なゲームの良いところを集め、その全てを喧嘩させずに上手くまとめたセンスもさることながら、

オリジナリティの追求と、コアゲーマーの心をくすぐるイースターエッグの数々…。

これこそがゲームなのだ!

と叫びたくなる超優秀タイトル。

これをシステム、物語、グラフィック、BGMに至るまで全て一人で作り上げたというのだから、本当に恐ろしいクリエイターである。

UNDERTALE

今さら説明するまでもない神ゲー。

神ゲー中の神ゲー。

xbox版だけの要素もあるので、是非プレイされたし。

コーヒートーク

アドベンチャーゲームのお手本のような作品。

全てが快適。終始心地よし。

まるで良くできた喫茶店にいるような感覚でプレイできる素敵な作品。

FRIDAY THE 13TH:THE GAME

鬼ごっこゲーのベストオブベストがこれ。絶対これ。

だれがなんというおうとこれ。

バランス完璧。

HALOシリーズ

これはxbox持ってたら100000%やるべきシリーズ。

人生で最も時間を費やしたシリーズです。

特に3は至高の作品。

ゲームバランスが究極だった。

BIO SHOCK INFINITE

ストーリーが完璧でした。

もちろんゲームシステムも良かったですが、あまりにも物語が良すぎて。

吹き替えも素晴らしいので是非日本語でプレイをしていただきたい。

クソみたいな吹き替えで作品をゴミに変える近ごろの映画の吹き替えは、このタイトルを見習ってほしい。

fallout

これも説明不要。

76も普通に面白い。

VIRTUAL VILLAGERS

スマホゲーみたいなクオリティだが、嫌いじゃない!(笑)

実績フルコンする頃には好きになってる不思議なゲーム(笑)

SUNSET OVERDRIVE

意外とスルーされがちだが、なんだかんだでかなりの良作だった。

戦闘システム、操作性、キャラクターデザイン、マップ、グラフィック、BGM、どれをとっても平均値以上の素晴らしいタイトル。

どことなくジェットセットラジオの匂いが香る、というかセガスメルがたちこめる、好きな人にはたまらないタイトル。

サブノーティカ

海の怖さを、深海の恐怖を、未知との遭遇の戦慄を、これほどまでに表現できたゲームが今までにあっただろうか。

深海恐怖症の私は、プレイする度に冷や汗と、寒気を感じながらも、それでも前に進みたくなる凄い作品だった。

これはゲームを越えたゲームである。

もしもいつかサブノーティカのVR版が出たら、失神覚悟で絶対に買う(笑)

ストーリーもさることながら、拠点のクリエイト機能もとても面白かった。

STRANGER THINGS 3

このゲームの完成度が高すぎて、私はNetflixに加入しました(笑)

素晴らしいレトロゲームフューチャー!

つづく

まだまだxboxの伝説はつづいていく

スポンサーリンク


SNSschool
SNSschool
SNSschool
30年ゲーマーのXBOX日記ゲーム系
【脱サラ】を目指す人の【こうりゃくぼん】

コメント

  1. mplrs.com より:

    Great post!

タイトルとURLをコピーしました